スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝言

半年ほど前から、奥歯に虫歯があるのは気がついていたんです。

行かなきゃなぁーとは思いつつ、ようやく本日行ってきました、歯医者。

ちょっとしたことで 「失礼いたしました」 と断ったりする終始慇懃な様子とか、
「二番、注意説明終わりました」 「三番、かたどり終わりました」 と
流れ作業のようにテキパキ過ぎていく様とか、

イマドキの歯医者さんでは、患者というよりお客なのですねぇと感心しました。

なにはともあれ丁寧に説明&治療してくれたので満足です。

でも仮のつめもの中なので、奥歯がいづい。








さて、我が子は二人とも、熱を出すと 「寝て治す」 性質です。
熱が下がるまで、まるで冬眠のように寝ます。

先日の発熱でもたんたはずっと寝ていました。

でも眠りは浅かったンかな、ちゅんこが横で勉強していたら、

ささやくように、でも はっきりと 寝言を言ってたそう。












090602








夢の中で、ナニを問われていたのでありましょう。










ranking_s←本記事アップ時点で230位くらいに浮上~

←5位浮上~(育児日記です)

←増殖w お手間かけます

テーマ : 日常のひとコマ - ジャンル : 育児

tag : 絵日記 寝言

コメント

歯痛持ちです

 私、若かりし日より奥歯をギリギリと噛みしめ、悔しさを噛み殺しながら生きる日々を送って参りましたので奥歯はボロボロでございまする。

 2年に一度はどこかの銀歯が外れては詰めなおしを繰り返しておりまするゆえ、歯医者には行き慣れておりまする。

 私の行く歯医者さんも親身になって原因、治療方法、その経過までも説明してくれまするのでファンでございまするが、二年に一度以上の頻度で銀歯が外れるあたり、肝心な技術力はいかがなものか?と内心思わないことも無い田舎の出来事でござりまする。

 「ちゅうくらい」って大事ですよね。
 日本社会をスムーズに渡って行く上での必須アイテムだと思います。・・・ま、私は使わないけど。

フクフク丸さん

ワタシも歯ぎしり持ちなので、磨耗により奥歯の高さが人より短いのではと感じております。

若いときに派手に治療してもらって、奥歯はあらかた詰め物入ってるんですけど、治療をしてくれた親戚がすごくいい材料を使ってくれたので、20年近くたった今でもびくともしません。
詰め物は消耗品らしいので、寿命は材料によるところが大きいかもしれませんよ。

まぁ値段と寿命と、いずれも「ちゅうくらい」あたりでいかがでしょうか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。