スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並なクリスマス小噺 1

クリスマスまで1週間を切りました。ちなみに我が家、いまだツリーをかざっておりません。


うちの中、めっちゃ普通。



さて、そんな私ですが、これからクリスマスまで、クリスマス・カウントダウン企画として、

子供らのハートフルな並なクリスマス小噺を、毎日(なるべく)お送りしたいと思います。

あくまで 「並」 ですので、爆笑や感動をご期待の場合は、まるでお役に立てません。






クリスマス・カウントダウン企画 ~イブ6日前 並なクリスマス小噺 1

「サンタさんと再会できるか」







ある日のちゅんこのつぶやき。
071218_1






かなり唐突だったので理由を聞いてみましたら、こんな会話のせいだったようです。





071218_2












071218_3



ちゅんこの中では、小学4年生なんて中学生とかわらないらしく、

かなり本気で悩んだようです。























071218_4





そして3年後、いよいよ中学生の体形に近づく頃、同じ悩みを抱えてくれるだろうか、と
まだまだ幼い娘を想う母なのでした。
<旧ブログにいただいたコメント>

2007.12.18 18:08:01 みっくすプリン :

うちもクリスマスツリーはなしです。玄関にリースを吊り下げているだけ・・・

そっかぁ~ ちゅんこちゃん、大きいのね!え?それってゆずに使えるかな?もう貰えないって思って欲しい。←年々単価が上がっているから。

Kさんはいつまでサンタさんを信じていましたか?私は5年生まで。(汗)
今の子は早いのかなぁ?


20:26:02 来楽暮 :

娘が7歳のとき。
おもちゃ屋さんで、夫が目を話した隙に、くまのぬいぐるみを担いでレジに走る母の姿を見てしまいまして、サンタさんはママだったんだ~と大泣きされてしまいました。
次の年から、予算はいくら?と聞く、可愛くない小学生に成り果てましたとさ。ちゃんちゃん。


2007.12.19 00:48:49 あみ :

解る~~。
なんか自分に落ち度があったら
サンタが来ないかも。
とか思って、いちいちチェックするの・・・。
「今日は、テレビ我慢したから、サンタが
 そんな私をチェックしているはず・・・・。
 ふふふ。
 待っていろよサンタ。
 うちの靴下はじいちゃんの伸び伸び靴下だから
 でかいのいけるぜ?」

とか。

真っ黒な小学生ですね~。


09:47:05 muna :

思わず涙がでるくらい、いじらしぃ~~。

うちの子たちも、友達から「サンタさんは、お父さんだよ」という情報を聞き、少し信心がぶれつつも、まだまだサンタ信望者です。

年々、プレゼントの嵩が小さくなっていくのは楽ですが、選ぶ楽しみが薄れてきた私としてはちと寂しい…。


11:40:49 ナイツ :

 我が家もクリスマスツリー出す気配はゼロです(笑)

 小学四年もセーフだよって教えてあげれば・・・


15:50:53 黒猫 :

Kさん、大丈夫です( ̄▽ ̄)v
ウチなんてツリーがありませんもん♪
狭くて置く場所がありませんil||li _| ̄|● il||li

それにしてもやっぱり可愛い。・:*:・( ̄∇ ̄〃)。・:*:・
まだまだサンタさんを信じてるなんて純粋だわ♪
猫なんて園児の頃からサンタは作り話だとわかっていたから友達が「サンタさん♪」と騒ぐのを冷めた目で見ている子だったの。


17:45:44 K :

みっくすプリンちゃん>今も昔も、サンタ論はいろいろだよね。
5年生まで信じることができたことを、お父様と周囲の全ての人に感謝しなくちゃぁ!
それだけたくさんの思い出をもらったんだもんね。
私はサンタを今も信じてます。
まずは自分を洗脳。茶番と思うと付き合えません。

来楽暮さん>ショックで大泣きする気持ち、わかります。
私はばらされた口ですが、一瞬耳を(彼女の場合は目か)疑い、
それから次々とこれまでの謎が一つにつながる虚しさったらなかったですよ。
人は大事な人を忘れるために、ドライにならざるを得ないことがあるんですさ、ええ。

あみさん>その中途半端な黒さがたまらん!!
12月になると全身全霊、サンタをイメージして自分自身をチェックしてたわけですね。
かわいすぎるよ!ちびまるこちゃん的、共感性の高い可愛さです。


17:53:41 K :

muna-chan> 「子達」てことは娘ちゃんも!?
いよいよそんな時代がくるのね・・・!!
ちゅんこは秋くらいまでは半信半疑だったで、
「ほんとにいるの?」とか実は聞いてきてた。
そしたら学校のお友達が「信じない人にはこない」といったそうで、今は存在を確信しています。
よくやった!!ぶらぼーお友達!

ナイツくん>ツリーは君が飾りたまえ。是非。
小学4年生はまだガキンチョって言ったのよ、実は。
でも「だけどサンタさんにはそう見えないかもしれない」とか
ちゅんこらしい超ネガティブ思考で否定されました。
うきうき楽しいだけのクリスマスをそのように心配で塗り固める後ろ向きさは、もう才能と言いたい。

黒猫ちゃん>ええっ園児の頃から!?
だけど冷めた目で見るだけでばらさなかったのは偉いぞ!
そういえばうちの旦那も「信じていた記憶がない」とか言ってます。
なのでどうやって子供達をファンタジーの世界に導いていくのかよくわからないようで、面白いくらいおどおどしてます。
猫ちゃんはどう?やっぱりそれでもサンタ?

テーマ : 絵日記 - ジャンル : 育児

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。