スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み日記5(おいしいもの)

「おもてなし」に勝るごちそうは、ないんだけれども。


080929_1


(着いた日はちゅんこの誕生日だったので、ケーキを作っておいてくれました。
このケーキが重いのにいくらでも食べられるうまさ。不可思議。)


 


さて、ドイツでおいしかったもの。ただしうまくてしぼれないソーセージ/ウィンナーとチーズは除く。


 


まずはプレッツェル。


080929_2


もとから好きなんだけど、お泊りさせていただいたとこのプレッツェルは、
塩味とパンのもちもち感とラウゲン液の香ばしい香りが絶品!
忘れられない味の一つです。



次、シュニッツェル。


080929_3


ドイツのパン粉は細かいそうで、食感は異なりますが、いわゆるトンカツ。
ただし肉はたたいてあるので、日本のトンカツにあるジューシーさはありません。

ちゅんこの大のお気に入りで、彼女、ドイツで外食というと、これしかたべませんでした。
(今思うと、ドイツの料理で口に合うものが少なかったともいえる。)

さらにちなみに、  たんたが覚えた   「唯一のドイツ語」。


 


お次は人参ケーキ。あとで調べたらリュブリとかなんとか。

080929_4



ドイツのケーキはナッツとかがたくさん入った割と重たい生地なのね。
日本でそんなようなケーキを食べると、甘すぎたりバターがきつくて苦手なんだけど、
この人参ケーキ、お昼ご飯のかわりとかでも全然いけそうなくらい好きです。
ここ(シュツットガルトのホテルで食べたよ)レシピ知りたーーーい。


 


次。南ドイツのパスタ。シュペッツェレ。

080929_5


レストランではメインの横にちょこんとついてきます。
味は小麦粉のたっぷり入った錦糸玉子風です(笑)
つまりはシンプルな塩味。
上の写真はとある田舎のレストランで食べたシュペッツェレなのですが、
ここのがとーーーーってもおいしかったの。
メインもおいしかったけど、シュペッツェレをうちでも作りたくなったのです。


ところでドイツのレストランとかお店って、いつでも必ずしもいいサービスを受けられるとは限らないです。
日本よりもハズレっぷりが激しいです。
(もっともお店のサービスは過剰かもしれないけど日本がピカイチと思ってますが。)


そして現地の人は気に入らなければちゃんと最低限の主張をするのも普通らしく、
なんだか、レストランに行くと、サウンドオブサイレンスな試合開始のゴングがよく鳴ります。

この↑レストランも、味はとーーーってもいいんだけど、あんまり愛想のいい感じではなくてね。
とても忙しかったようだから、言葉のわからん私達には特に気にならなかったのだけど。
まぁそれでも「うぇるかむ~♪」という感じではなかったわけ。

だけれどもシュペッツェレはほんとにおいしかったので、完食、するつもりで。そして事実したんだけど。
だけれども、添え物のフライドポテトのようなもので、
メインがなくなればなんとなく残るのが普通と思しきシュペッツェレ。



みんなが食べ終わってからも私がぐずぐずしてたら、
スタッフのおばさん(少々無愛想)がお皿をさげにきたのです。



080929_6

ほかは全部なくなってシュペッツェレだけ少し残ってる状態だったのを、
妹の家族がさげないように言ってくれました。


 


そんなことがあっての帰り際。


 


 


080929_7
↑シュペッツェレをタッパにつめてお土産にくれた。


脳みその印象ってのは、胃袋の価値判断にはかなわないものらしいです。


 


ちなみにここのレストランで飲んだビールもとびきりおいしかったです。




080929_8



地ビールなので、だいたいどのあたりの地域にあるレストランか、これでわかるかもです。


 


 


最後、帰ってからも何度か作ったけれど、まだなんだか味を再現できずにいる



妹義母のカトフェルサラダ。



じゃがいもをみじん切りの玉ねぎとドレッシングであえたサラダで、
地方やおうちによってずいぶん違うみたいです。

私が学生の頃、「ドイツ人の奥さんに教えてもらった」といって教えてもらったカトフェルサラダは、
こふきいもみたいな形だったし、マヨネーズ使って、少し「もったり」してた。

上の写真のは、じゃがいもはスライス。かためにゆでてあって、マヨネーズは使いません。
前述のレストランで食べたカトフェルサラダは、コンソメの香りが強かったな。

これもお袋の味なんだろうねぇ。

<旧ブログにいただいたコメント>

2008.9.29 13:31:00 muna :

うーん、どれもこれもおいしそう。でも、全部堪能すると確実にメタボリック街道まっしぐらね。
もし、またドイツに行ける機会があったらウエストはゴムもので対応しなければ・・・。
私が覚えている現地のドイツ料理は(ソーセージ以外)ザワークラウトとマッシュポテト!(寂しい)
でも、マッシュポテトはおいしかった。

息子の海外留学先にドイツ。いーねー。先日も学校から短期海外ホームステイのパンフレットを頂いたけど、万年お金ないない家族の我が家にはちと厳しい。なので、お手軽な国内キャンプ(海外からの留学生と触れ合うらしい)に今度参加させることにしました。
これを機に将来外国に行く野望をもって、現地に招待してくれないかなー、なんて淡い期待をしているおバカな私です。


16:20:17 ふ :

↑のレストランは、はじめは無愛想かと思ったけどそうではなかったようね。おそらく家族経営のレストランだったみたいであの日はお客さんも多くてキャパを超えていたもよう。
ただ、この「キャパを超えたときの自己コントロール力」ってドイツ人(というか欧米人)が苦手とするもののようで、いそがしくて目が回るときとか疲れてるときとか思いっきり態度に出すのよねー。
なので、私は買い物とかも午前中をねらって行ってます(夕方に行くと、混んでるわ、店員は疲れてるわでろくな目にあわないので)。

↑munaさん(横入りコメントすみません>kさん)

ザワークラウトとマッシュポテト、うちのあたりでもメジャーな食べ物です。あと、ドイツの大学は日本に比べるとものすごく破格値なので(以前は学費無料だったのが、去年くらいから有料になったんですが、それでも年間15万くらい。)、留学天国ですよー。留学生多いですし、何か専門性をもってるような人 (たとえば技術系の勉強を日本でやったあとドイツの大学に入るとか)は重宝される国だと思います。息子さん、がんばってくださーい。


21:01:26 ra-ma :

岡山にですねー、ドイツの森ってあるんですよ。
地方のテーマパークって、コケるトコロが多いですけど、ココ優良児なんです。

(行ったことないんですけど)Kさんレポ拝見してたら、行きたくなってきたな。
シュペッツェレが置いてあるコトを 期待して。。。
http://www.farmpark.co.jp/doitsunomori/cgi-bin/gourmet/index.cgi


2008.9.30 11:32:26 来楽暮 :

私もドイツの味といえばザワークラフトとソーセージ。日本で作ってもいまいち。いまに。
美味しい作り方知ってたら教えてね。


16:26:56 K :

muna-chan> 私はメタボンのど真ん中になったので、もういいです(さめざめ)

海外ホームステイの案内が学校から来たりするご時世なのですか?
しかも経済的に可能なら、もう行けちゃうってこと?
いい時代だなぁー。留学とかホームステイとか、自分とはまるで無関係だった子供の頃とは大違いなんだね。

もっともうちも、そんなものを利用することがあるんだかどーだか。
気の小さいちゅんこと、おうちが大好きなたんたでは、
現地へご招待も厳しい気がします。


16:34:23 K :

ふちゃん>キャパを超えたときにも自己コントロールすべきである、という感覚を持ち合わせてないんだろうね。
ということは、他人がそのようにしてもあまり気にしないのかなぁ。
自己コントロールするのが大事だと思う真っ当な日本人なら、
自己コントロールできない他人に相対することがストレスになったするものだけど。
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて。
そういう正直な人達だからこそ、感謝とか見返りを求めない親切ができるんだろうしね。


16:52:02 K :

ra-ma san> リンク先見ましたー。
「ドイツ」ってのをコンセプトにして、だけど国内製造とか地元産とかがメインなのが好感もてました。
行ってきてみてよー。

シュペッツェレ(またはシュペッツェル)は南ドイツ・シュヴァーベン地方の郷土食みたいなもんらしいよ。
あるかなぁ。あるといいね。
ラーメンとかパスタを想像して食べるとがっかりすることウケアイです。
麺というよりつけあわせって感じで、ステーキのソースとかホワイトソースとか、メインディッシュのソースをからめながら食べる感じかなぁ。


17:02:31 K :

来楽暮さん>ドイツのキャベツは日本と食感とかずいぶん違うようだもんね。
日本のキャベツよりずっと固いので、キャベツの千切りとかみたいに生で食べることはあまりないそうで。
調べたら「ヴァイスコール」とかって、品種がちょっと違うんですね。

妹義母が作った野菜の入ったミルクスープみたいのがとてもおいしかったんだけど、その独特の香りがドイツのネギのものみたいなんだけど、日本のネギじゃあの香りが再現できないんです。
材料が違うから、やっぱり現地の味の再現って難しいよねー。


19:33:30 muna :

たびたびごめんね。
メタボに関しては私ももう特定健康診断対象者ですから・・・トホホ。

この場をお借りして

ふさん>
貴重な現地情報ありがとうございます。
やはり現地を知っている方のお言葉には説得力があります。
あとは息子の向学心が上がってくれることを願うばかりですぅー。


2008.10.2 10:12:43 K :

muna-chan> わざわざご丁寧にレスありがとね。

横入になりますが、息子ちゃんの向学心はきっと今後も大丈夫!
それよりほらほら、娘ちゃんの向学心もあげてやって。
(勉強嫌いはわかっているのに何故か気が抜けてしまう二番目、が実感できるようになってきたこのごろ。)

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。