スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み日記4(悔い改めよ)

悔い改めよ。


080921_1


 


 


ご無沙汰してました。夏休み日記って、もう9月も半ばですな。ちゅんこの運動会も終わりましたってば。


やっと大きな仕事が一段落。


黙ってお休みしている間も足(マウス?)を運んでくださった方々、コメントくださった方々、
ありがとうございました、そしてすみませんでした。
よろしければ、またしばらくの間、改めてお付合いくださいませ。


 


 


目的地に着いたのは真夜中だったので、翌朝からが観光の始まりです。



ドイツに行くのに楽しみにしていたメインが、ビールとワインとソーセージ。
基本っすよねー?


 


ドイツのソーセージはやっぱり種類豊富でうまかった。


080921_2


上の写真はお肉屋さん。
ケースの中はソーセージ3/5、チーズ1/5、惣菜1/5って感じです。
普通のお肉は注文ごとに都度奥から出してくるらしいよ。


 


そしてドイツは地ビール天国。いろんな味が楽しめる上、レベルが高い。しかもハンパなく安い。
ドイツのビールの税金が安いからなんだよね。そしてレベルが高いのは厳しいビール法があるから。
そうして自国の酒を守ってるんだね。
日本ももっと、お酒と焼酎を大事にして欲しいと、改めて思った。


このことについては書き出すとキリがないから、別の機会に書けたら書きます。


 


そしてワイン。南ドイツは優秀なワインの産地です。
あらかじめお願いしておいたワインの組合販売所に連れて行ってもらいました。


 


080921_3



それはもうたーーーーーーくさんの種類をほとんど試飲できるのね、好きに。
でもたくさんありすぎてよくわかんないので、スタッフのお姉さんに紹介してもらいながら試飲しました。


 


で、 ドイツの試飲てね、


 


     量がゲルマン民族用なのね。  


 


         肉食の人々用の量なのね。


 


 


080921_4



この量で、気づけば10杯弱試飲するわけよ。


 


      そら、もう、試飲じゃないでしょ?と。


 


 


このワインの販売所の後に訪れた教会で、


 


 罰当たりなことに、


 


    マーライオン的衝動を覚えまして。


080921_5


 ↑教会そばのトイレ。


 


辛うじて、神聖な場所を穢さずに済みましたです。


 


     あああああ、そんなドイツの初日。ごーーーーーーーーん。


 


妹旦那に 「ドイツのお酒はアルコール度数が強いから気をつけて」 とたしなめられましたが、


 


この場合、度数の問題じゃない気がします。
だって日本酒の方が高いっす。


 


ところで南ドイツのワインといったら、アイスワイン。


試飲の最後はそのアイスワインをいただきました。感動感激。
その香りのよさったら、もうほんとすごいの。涙が出そうに感動モノです。


他のワインの2-3倍の値段なんだけど、日本円に換算して4000~5000円。安っ!!!
ちなみに日本のワインバーでショットで頼むと、下手すると1500~2000円くらいします。


 


スタッフのお姉さんにそれを話したら、


 


     「どうしてそんなの飲むの?」


 


真理だよ。だから私らは日本では飲めませんけど。


 


 


妹のドイツの家族が、「観光客には親切だけど、それでもアイスワインを試飲させたのを見たのは初めてよ」 と。
 ここのスタッフのお姉さん、未開封のスパークリングワインすら、試飲のために複数開けてくれました。
子供達にはワイン用のぶどうで作ったジュースを飲ませてくれたりね。


 


舌にも喉にも心にも、めったにないおいしいお酒でした。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。